ビール瓶女、正当防衛を主張。

おまめっつぶ様、ありがとう〜(*'ー')

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20100904/Gendai_000124221.html

主演作「インセプション」が大ヒット中のレオナルド・ディカプリオ(35)が、私生活ではトラブル続きだ。

 ひとつ目は自称「ディカプリオの妻」を名乗る女性が突然現れたこと。リビア・ビストリセアヌー(年齢不詳)という女性が「私はディカプリオと結婚していて、彼との間に“ジーザス”という名前の息子がいる」とロス郡上級裁判所に訴え出たのだ。

 これに対し、ディカプリオ側は「リビアはボクの自宅を突き止め、絶え間なく電話やメールを送ってくる。そのために生命の危険さえ感じている」と主張し、裁判所に接近禁止を求めた。その結果、リビアには「ディカプリオから少なくとも100ヤード(約91メートル)離れること」という命令が出た。


 もうひとつのトラブルは、“因縁の女性”アレサ・ウィルソン(40)との裁判が思わぬ展開を見せ始めたこと。
アレサは5年前にパーティー会場の外でディカプリオの側頭部を割れたビール瓶で殴り、12針のケガを負わせ国外に逃亡していたが、8月26日に起訴が決定した。

ところが、ここにきてアレサの顧問弁護士が「先に殴りかかったのはディカプリオの方で、アレサは無罪」と主張し始めている。

 アレサ側の言い分はこうだ。
「アレサは熱心なレオのファンで、パーティー会場で彼の名前を叫び続けた。
するとレオが怒り出して殴りかかってきた。
だから彼女は彼の頭をビール瓶で殴った。正当防衛だ」
 この裁判が始まったら、ディカプリオは証言台に立ってもいいと公表している。
さて、どちらに軍配が上がるか?

〜〜〜

もー!! レオ、迷惑かけられて可哀想!
頭オカシイ。。この人。今まで逃げていたくせに・・
証言台に立つのだって、レオの時間がこの女に費やされるのかと思うと、気の毒でならないです。。

ーーー関連エントリー
レオと結婚したと妄想する女性ストーカー

反省どころか・・・・・・・・・
レオをどついた女性、無罪を主張
ビール瓶でどついた犯人に接近禁止の命令
レオをビール瓶でどついた女性、身柄をL.Aへ。
犯人はとんでもない女だった。

  by leonardo_D | 2010-09-06 20:56 | レオニュース

<< 戸田奈津子さんが語るレオ ケビン君とパーティーへ☆ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE