レオと結婚したと妄想する女性ストーカー

妄想を行動に移しちゃいけません・・・
妄想の末、妄想か現実かわからなくなちゃうのかしら。。 ?!
怖いよ。怖いよぉー。



http://news.www.infoseek.co.jp/search/story/hollywood_29Aug2010_11512/U%25BB%25FA%25B9%25A9%25BB%25F6/

レオナルド・ディカプリオと結婚をしてジーザスという子どもを産んだと妄想をする女性ストーカーに対して、アメリカ・ロサンゼルス郡地裁が接近禁止令を下した。

ロサンゼルス郡地裁にレオナルドの弁護士が提出した書類によると、
リヴィア・ビストリシアヌという女性が彼にEメールで何度も接触を試みたあげく、
彼に会おうとしていたことが判明した。

レオナルドはその書類で、「彼女は私の妻でありジーザスという私の子どもを産んだという妄想を信じている。私はビストリシアヌさんのことを恐怖しており、私と私の周りにいる人々の安全が危険にさらされていると感じている」と主張している。

レオナルドの弁護士が証拠として、この女性がレオナルドに送ってきた手紙を提出した。
それには、「あなたは2年前に私のことを愛していて、ほかの女性を愛さないと書いてくれた。
あなたは私とすぐに話すと言ったのに、2年たった今でもあなたは私と話さない。なぜなの?」と彼女が手書きで書いていた。

ほかの手紙では、「私と一緒になって、ジーザスの父親になりたい? ジーザスは父親が必要なの」や、「なぜあなたは私を犯して、私のことを放っておいてくれないの?」と妄想を炸裂させていた。

今回の接近禁止令で、この女性は彼から100ヤード(約91メートル)以内に入ることができなくなった。
気味の悪いメールを送り続けられ恐怖していたレオナルドもこれでやっと安心だろう。

関連記事

  by leonardo_D | 2010-08-29 12:36 | レオニュース

<< AERA English 10... 王様のブランチからプレゼント☆ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE