W杯のブブゼラ、ミックが不快?!

http://nmn.nifty.com/cs/catalog/nmn_topics/catalog_100708041749_1.htm

現在開催中のW杯 2010で、各国の熱戦と共に話題となっているのが、開催国・南アフリカの伝統楽器ブブゼラ。そのすさまじい音は審判や監督の指示、そして応援の声もかき消してしまうようで、一部では批判の声も上がっているのだが、どうやらミック・ジャガーもこの音はお気に召さないようだ。

この事実が明らかになったのは、7月3日(土)にケープタウンで行なわれたドイツ対アルゼンチン戦。
ミックは息子のルーカスと共に、ボックス席で試合を観戦しており、その後ろには、ドイツ人の母親を持つハリウッド俳優のレオナルド・ディカプリオもいた。
ところが試合の途中で、ディカプリオが赤いブブゼラを吹き始めたことから観戦ムードは一転。
この音にミックは不快感を示すような表情を見せ、自身の耳を覆う様子もカメラに収められてしまった。

ちなみにこの試合では、4対0でドイツが勝利を収めている。
“南アフリカの文化だ”“うるさすぎる”と賛否両論のブブゼラだが、この楽器は今や世界中に広がりを見せつつあるようで、今週末(7月9日(金)〜7月 11日(日))に開催される英スコットランドの音楽フェス「Tイン・ザ・パーク」では、持ち込みが全面的に禁止されている。

〜〜

確かにブブゼラはうるさそう〜w
でも、ブブゼラを吹いていい場所だし、応援も楽しめそうだけどな。
きっと、この記事も大げさに書かれてるんだろうな。って、思います。
ミックも、ブブゼラの音がうるさくて、うわっ〜!って、単に音にびっくりしただけじゃないのかね。

ブブー!
d0007144_1143184.jpg

  by leonardo_D | 2010-07-09 10:38 | レオニュース

<< DVDのカスタムラベル インセプション インタビュー動画 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE