パーティーで殴られた事件が再浮上

2005年にリック・サロモンの自宅パーティーに行っていた時に、レオは不法侵入の女にどつかれて、
耳の下に怪我を負った事件が再浮上してきたらしいです。


hollywood-ch.comより
5年前、パーティの席でレオナルド・ディカプリオがモデル女性に殴られた事件がここへきて再浮上している。

 パリス・ヒルトンとのプライベートHビデオが流出したことでも知られるハリウッドのプレイボーイ、
リック・サロモンの自宅で05年に開かれたこのパーティで、ディカプリオは元モデルのアレサ・ウィルソン(39)に眼鏡で殴られ、顔と耳を17針も縫う大怪我を負ってしまった。

 アレサは暴行容疑で逮捕されたが、裁判が始まる前にカナダへ国外逃亡。

 しかしTMZ.comによると、18日、アレサはカナダのオンタリオにいるところを捕まり、裁判のためアメリカへ強制送還されるという。

 裁判が始まったら、ディカプリオも証言台に立つことになるらしい。

過去の関連エントリー
犯人はとんでもない女だった。
レオちゃん殴られる!
被害届
迷惑な友達
怪我の写真
元通り戻った肌

  by leonardo_D | 2010-01-27 16:18 | レオニュース

<< OKストアでお買い物 Barちゃん、非難を受ける >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE