「e-activism center 」

レオが2004年から活動している事が評価されたようです☆

翻訳を試みたけど、なんだかわけわからなくなってきました(汗)
日本語になってない(笑)

Thanks! Eve!
Source

先週サンタモニカで、レオが2004年に創設した「e-activism centre」が、持続可能なデザインの最も高いレベルの見本と評されました。

レオの「e-activism centre」と「David Family Environmental Action Center 」の施設は、
リサイクルされたか、リサイクル可能な材料だけを使いました。
そして独自の建物の解体し、新しいものを作る時にでる廃材の98%はリサイクルされました。
天然資源保護協会(Natural Resources Defense Council)によって新しい施設は準備され、建物の土壌、水、エネルギーを最小限にすることにより、環境被害を少なくすることができる事を示そうとしています。

全世界の材料と資源の半分(すべての森の半分)は生産を構築するために使われます。
「ビルは自動車のエネルギーを二倍消費し、二酸化炭素の料を2倍を放ちます。また彼らは80%の飲料水を消費します」と、NRDCのRob Watson氏。

「e-activism center 」は、4台の高速インタネーット端末を持ち、
訪問者が懸念の環境問題について学ぶのを援助し、政府と法人にメッセージを送ることによって、即座に影響を及ぼしました。

「ここ3年間、約50万人のNRDCのオンライン活動家が、環境問題を支持し、環境バランスが崩れるのを助けるために、政府や法人にメッセージを送りました。毎年このビルを訪れる何千人もの若者は、それが都市との関わりのスタートになるでしょう」と、レオが言いました。

「e-activism center 」は、サンタモニカ中心部の1314Second Streetにあります。(カリフォルニア)
午前11:00から午後3:00まで月、火、木、金曜日に市民に公開されています。

ーー
レオのオフィシャルに2004年当時に建物のことについて書かれています。
この建物は雨をフィルタリングし、水を造園や水洗トイレに利用したり、自然光を利用して
電力消費量を減少させたりもしているそうです。

webの翻訳版はこちらで。
ちゃんと意味はわかんないけど、雰囲気はつかめるかと思います・・

2004年のレオ
d0007144_031112.jpg
d0007144_031856.jpg

  by leonardo_D | 2009-10-01 00:33 | 環境問題&イベント

<< 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・... レオが私立探偵役? 『ザ・ディ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE